静岡済生会総合病院 リクルートサイト静岡済生会総合病院の採用サイトです
「私達は暖かい思いやりの心で質の良い医療・福祉サービスを実践します」

静岡済生会総合病院 リクルートサイト ホーム > 初期臨床研修医

初期臨床研修医

初期臨床研修医

臨床研修センター長挨拶

研修医の皆さんには、若いうちにできる限り多くの経験を積んでもらいたいと考えます。当病院では救命救急の現場で、患者さんへのファーストタッチを研修医に任せます。背後では大勢のベテラン医師が見守っていますから、安心して多くの症例と向き合えます。受け身ではなく自分から積極的に課題に立ち向かうこと、多くの症例を経験し勉強を重ねることで充実した2 年間が送れるはずです。
2年目以降は希望する進路に合わせた研修ができるよう、研修プログラムの自由度を高く設定しています。診療科ごとの垣根は低いので、安心してじっくりと適性に合った進路を探してください。気候も人情も和やかなこの地で、医師としての豊かな人間性を養いましょう。

臨床研修センター長・プログラム責任者 戸川 証

臨床研修理念

当院の理念・基本方針の下、医師としての人格を涵養し、将来の専門性にかかわらず、医学・医療の果たすべき社会的役割を認識しつつ、日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度・技能・知識)を身につけることを目的とする。

臨床研修基本方針

  1. 医の倫理を理解し、医師としての人格を高めるよう努力する。
  2. 患者の視点に立った安全で質の高いチーム医療を提供する。
  3. プライマリーケアを中心に、十分な知識と技術を身につける。
  4. 地域・社会に貢献できる医療人となるために、全職員が協力し、指導体制の充実・研修環境の整備に努める。

第三者評価機構認定

当院は、平成27年9月2日NPO法人卒後臨床研修評価機構(略称JCEP)による更新審査を受審し認定を受けました。
JCEPによる認定は、国民に対する医療の質の改善と向上を目指すため、臨床研修病院における研修プログラムの評価や研修状況の評価を行い、臨床研修プログラムの改善、良質な医師の養成に寄与することを目的としています。
JCEPより「貴院は地域の基幹病院として、救急分野での研修に力を入れ、救急疾患を豊富に経験できるシステムとなっています。さらに全職員が協力し、一丸となって研修が行われていることに敬意を表します。」というコメントをいただきました。

研修プログラム

目的

臨床研修理念、臨床研修基本方針に則り、適切な指導体制の下で、医師としての人格を涵養し、プライマリ・ケアを中心に患者を全人的に診ることができる基本的な診療能力を修得させ、医師としての資質の向上を図る。

初期臨床研修プログラム

静岡済生会総合病院は昭和23年の設立以来60年余りの歴史があり、昭和55年には静岡県で最初の救命救急センターを併設するなど、静岡市における中核病院としての役割を果たしております。また臨床研修病院としても長い歴史があります。
平成22年度から初期研修プログラムは、より自由度の高いものが認められました。しかし私たちの病院では、現在の研修システムが始まる遥か以前より、多くの研修医を受け入れ各科ローテート研修を実施してきた実績があります。
その経験に基づいて、私たちは医師としてのスタートでもある2年間の初期臨床研修で、救急医療やプライマリ・ケアに自信の持てる医師を育てたい、将来役に立つ広い領域の知識と多くの臨床経験を積める機会を提供したいと考えております。そのためにはやはり最低限研修していただきたい分野・領域があり、下記のようなプログラムを策定いたしました。

初期臨床研修プログラム:必修科目

  1. 内科6ヶ月以上
  2. 地域医療1ヶ月
  3. 麻酔科2ヶ月以上
  4. 外科系3ヶ月以上
  5. 周産期医療6週間以上
  6. 精神医療2週間以上

プログラムの詳細

  1. 内科には循環器内科、不整脈科、消化器内科、呼吸器内科、腎臓内科、血液内科、内分泌代謝科、神経内科、皮膚科、放射線科が含まれます。
  2. 地域医療の研修は1ヵ所以上の協力施設にて合計1ヶ月といたします。
  3. 麻酔科研修は、十分な知識と技能を習得していただくために、2ヶ月以上の研修期間を設けます。
  4. 外科系には外科、整形外科、脳神経外科、形成外科、胸部・心臓血管外科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、病理診断科が含まれます。このうち外科を必修科とし、それ以外を自由選択としますが、合計で3ヶ月以上となるように研修していただきます。
  5. これまで別々にローテートしていただいておりました産婦人科と小児科を、周産期医療として一体化しました。研修期間中は分娩や新生児医療はもちろんですが、それ以外の産婦人科・小児科領域の研修も行います。特に要望があれば特定の領域を重点的に学べるようなサブコースを用意します。
  6. 精神医療の研修は協力施設にて行います。研修期間は2週間以上とします。

ローテーション例

※注1.内科(6ヶ月以上)は分割して研修することもできます。
※注2.外科系(3ヶ月以上)は連続して研修する必要はなく、診療科別に研修が可能です。
※注3.自由選択期間を利用して、2年次の早い時期から志望専攻科の固定研修を始めることが可能です。

研修協力病院・施設

精神科 清水駿府病院、溝口病院、日本平病院、静岡県立こころの医療センター
地域医療 平戸市民病院*、柿添病院*、平戸市立生月病院*、青洲会病院*、西伊豆健育会病院、岩手県済生会岩泉病院、たんぽぽ診療所
(*)ながさき県北地域医療教育コンソーシアム
地域保健 静岡市保健所、静岡県赤十字血液センター、訪問看護ステーションおしか、特別養護老人ホーム小鹿苑、静岡医療福祉センター児童部

研修医の出身大学

愛知医科大、岩手医科大、金沢医科大、金沢大、北里大、熊本大、慶應義塾大、産業医科大、滋賀医科大、慈恵会医科大、島根大、昭和大、聖マリアンナ医科大、筑波大、帝京大、東京大、東邦大、東北大、鳥取大、名古屋大、新潟大、日本大、浜松医科大、弘前大、広島大、福井大、福島県立医科大、宮崎大学、横浜市立大 等(過去4年間)

臨床研修修了後の進路

2年間の研修修了後も、後期研修医として研修を継続することが可能です。

研修の特徴

年間1,000 人以上の患者さんに救命救急の現場でファーストタッチ

「幅広い診療科がそろう病院で、様々な症例を経験したい」「救命救急の現場で、医療の最前線を知りたい」。そんなあなたの希望にこたえる環境が、当院には整っています。

研修医の皆さんにも救命救急の現場に積極的に携わって頂きます。比較的軽度な1次・2次から重篤な3次救急まで、研修医1人当たり年間1,000人以上。上級医の指導のもと救急車の受け入れから初期診療、症例によっては入院治療までを数多く経験することができます。

勉強会・実習

院内外にて開催の各種勉強会、カンファレンス、CPC、症例検討会に積極的に参加します。

ミニレクチャー

毎週水曜日に、初期臨床研修医のためのミニレクチャ―を開催しています。指導医からのレクチャー、2年次から1年次へのレクチャー、初期臨床研修医による症例発表など60分間で行っています。

早朝カンファレンス

指導医・上級医を囲み毎週金曜日に医局内で開催しています。

救命救急勉強会

救急科専門医による勉強会を毎月開催しています。

救急車同乗実習

静岡市消防局のご協力の下、救急車同乗実習を行います。24 時間救急隊の皆様と行動を共にして、プレホスピタルからの救急医療体制を体感していただきます。

静岡市消防ヘリ「カワセミ」搭乗実習

患者の搬送訓練や、機内での医療機器の取り扱いなどについて研修を行います。

BLS、ACLS、ICLSなど各種標準化コースの受講

救急症例の初期診療において不可欠な、各種緊急病態の対応について標準化教育コースを学ぶことで、世界水準の知識とスキルを身につけます。

災害対応教育訓練

トリアージから初療、広域搬送、災害対策本部運営まで災害教育の基礎を学びます。

朝霧高原の新人研修で学ぶ、チームワークと済生会精神

新人宿泊研修

現代のチーム医療を支えるのは、スタッフ全員のチームワーク。毎年、新卒採用の全職員が参加して1泊2日の新人研修を行います。職種の垣根を越えて交流を深め、済生の理念を共有する仲間としてチームワークを培います。

ホスピタルフェア

毎年6月に開院記念行事「ホスピタルフェア」を開催。さまざまなブースを設け地域の方々に病院を開放しています。臨床研修センターの企画では、縫合体験を通じ地域の方々とのつながりを深めます。

研修の様子

先輩の声

  • Doctor`s Voice vol.01 諸井 條太郎 Jotaro Moroi
  • Doctor`s Voice vol.02 森川 奈美 Nami Morikawa
  • Doctor`s Voice vol.03 横谷 知世 Tomoyo Yokoya
  • Doctor`s Voice vol.04 菅沼 雅人 Masato Suganuma

Doctor`s Voice vol.01

当院の初期研修を選んだ理由、当院に入ったきっかけを教えてください

まず、産まれた病院だったこと、子供の頃は「何かあれば済生会へ」だったことが決め手です。
出身大学の関連病院でもあり、希望科の医師の人柄や研修医の数と病床数、救急車のバランスなどを聞き、ここに決めました。

実際に研修を始めてみていかがですか?

「まずは勉強してやってみろ」というスタイルがとても良いです。
医局もオープンな雰囲気で救急外来の気になったケースの相談や自分の冴えないconsultも翌日すぐに確認する事ができます。

今の仕事内容・やりがいについて教えてください

日々度胸がついていると感じています。
まだ自信は全然ありませんが、もっとやれることを増やしていきたいと思っています。

今後目指す目標、やりたいことを教えてください

目標は次の一年目が入ってきた時に自信をもって指導でき、カッコイイと思われること。 そのためにあと半年でできるだけのことをやる(予定)

現在お住まいの静岡市の環境について教えてください

海・山が好きなので最高の環境だと思います。
車があれば買い物も食事も困ったことは一度もありません。
静岡にくるのであれば奨学金を有効に利用するといいでしょう。

応募される方に向けてのメッセージ

静岡に縁のある人もない人も必ず静岡が好きになると思います。
一緒にがんばりましょう

Doctor`s Voice vol.02

当院の初期研修を選んだ理由、当院に入ったきっかけを教えてください

小児科志望だったのでNICUがあり小児科の指導医が多い当院を選びました。
また病院見学に来た時、研修医がいきいきとしていて上級医やコメディカルの方たちとの雰囲気が非常に良かったところも選んだ理由のひとつです。

実際に研修を始めてみていかがですか?

救急外来ではウォークインも救急車の患者さんもファーストタッチはすべて研修医ですが、自分で診て考えて検査オーダーすることができるのでとても楽しいです。
最初は救急外来で働くことは不安でしたが、常に救急科専門医が指導してくださるので安心です。

今の仕事内容・やりがいについて教えてください

救急外来で積極的に診療をすすめることができ「安心した」と言って帰っていく患者さんをみるとやりがいを感じます。
病棟で長く診ている患者さんにお手紙をいただいたりするとやはりうれしいです。

今後目指す目標、やりたいことを教えてください

やっと仕事に慣れてきたところなので、今までは自分のことでいっぱいいっぱいでしたが、これからは患者さんの気持ちを第一に考え要領よく仕事をこなせるようになりたいです。

現在お住まいの静岡市の環境について教えてください

静岡市は交通の便がよく、程よく都会で自然も多いのでとても過ごしやすいです。何より気候がとても良いです。

応募される方に向けてのメッセージ

働き始めることに不安を抱いている方が多いと思いますが、当院ならきっと楽しく研修生活を送ることができると思います。

Doctor`s Voice vol.03

当院の初期研修を選んだ理由、当院に入ったきっかけを教えてください

私は生まれが静岡、育ちが関西、大学は鳥取でした。
医学部卒業後、どの地域で研修するか悩みましたが当院は救急研修が重視されており経験できる症例が多いことが魅力的でした。
また当院は研修医の出身校がバラバラであり、お互い適度に距離感を保ちながら高めあっている様子に魅力を感じ選びました。

実際に研修を始めてみていかがですか?

経験できる症例数は多く、手技や入院患者管理なども個々の能力に応じて指導医から任せていただけるので非常に満足しています。

今の仕事内容・やりがいについて教えてください

患者さんたちから「あなたに診てもらえてよかった」や、指導医の先生方から「上達したね」「頼りになる」と認めていただけると非常にうれしくやりがいを感じます。

今後目指す目標、やりたいことを教えてください

循環器内科を志望しています。
まずは内科ローテートという形で自分の専門としたい領域を中心に内科的知識を蓄えたいです。

現在お住まいの静岡市の環境について教えてください

様々な施設がコンパクトにまとまっており非常に過ごしやすいです。

Doctor`s Voice vol.02 来るもの拒まずの雰囲気があり、やる気があれば何でもチャレンジできます。

済生会病院に入ったきっかけを教えてください

私は生まれも育ちも静岡だったので、静岡で研修をしたいと考えていました。当院の研修医は1学年10人程度で多すぎず少なすぎないこと、またほとんどみんな違う大学出身なので、出身校を意識せず仲がよいということが魅力でした。当院は救急の研修にも力を入れており、経験できる症例数はかなり多いです。それ以外の要素はどの病院も大差なく、最後は自分次第だと思います。

今の仕事内容・やりがいについて教えてください

当院では、やりたいと思えばなんでも挑戦させてもらえる環境があり、自分がやったという充実感があります。上級医の先生方も、フレンドリーな先生が多く、仕事・私生活ともに丁寧な指導をいただけます。

今後目指す目標を教えてください

今後は、将来の進路科を決めて、専門性を意識した研修をしていきたいと考えています。

現在お住まいの静岡市の環境について教えてください

人口70万の政令市であり、程よく都会でありながら日本平や駿河湾などの大自然もあります。病院が中心市街地に近く、買い物や飲み会で困ることはありません。静岡は海の幸が最高でお酒もおいしく、近くに温泉も多いので環境としては最高だと思います。

休日の過し方や趣味を教えてください

研修医同士の仲がよいので、同期で温泉に行ったり、飲み会をしたりします。また、私は軽音楽部に所属しているので、バンド活動にも参加させていただいています。

応募される方に向けてのメッセージ

当院は、来るもの拒まずの雰囲気があり、やる気があれば何でもチャレンジできます。研修医がわきあいあいと仕事をしていて雰囲気もよいです。ぜひ一度見学に来てください。